~AGA クリニック検索サイト

https://hageism.com/wp-content/uploads/2018/02/puropeshoa.png
オオサカ堂と同額で国内正規品のプロペシアを入手しよう

薄毛治療に効果があると言われるプロペシア。

実は、病院で処方してもらうほか、海外からの通販代行や個人輸入でも購入することができます。
しかし、これは非常にリスクの高い方法です。

この記事では、プロペシアの通販・個人輸入のリスクを詳しく解説し、ほとんど変わらない料金で国内正規品のプロペシアを手に入れる方法を解説します。

スポンサードリンク



プロペシアは医師に処方してもらう必要がある

ネットで薄毛治療についての情報収集をすると、男性型脱毛症の改善にはプロペシアという内服薬が必要だということがわかるはずです。

しかし、プロペシアを地域のドラッグストアで購入することはできません。

プロペシアを利用するにはAGAクリニックや専門の皮膚科で医師に処方してもらう必要があるのです。

ただ薄毛治療で通院するというのは少し気が引けますよね。

さらに、プロペシアの処方だけというクリニックは少ないのが実情です。
結局、診察料、その他治療などを勧められ月額平均治療費は30000円程度になってしまいます。

>>プロペシアが格安で手に入る、イースト駅前クリニックの詳細を見てみる

 

通販・個人輸入で入手する方法もある

月額30000円は世のお父さんにとっては厳しい金額。

そこで、海外で販売されているプロペシアを取り寄せて安く購入しようという人もいます。

医薬品の個人輸入と聞くと悪いことをしているように感じるかもしれませんが、決められた範囲内の医薬品を個人使用する目的で輸入すること自体に問題はありません(詳しくは厚生労働省で確認してください)。

しかし、通販・個人輸入で購入できるプロペシアは、薄毛治療に効果があるフィナステリドの成分がどれだけ含まれているかが不明です。
さらには見た目は同じですが、中身は全然違う偽物のリスクまであります。

まずは海外製プロペシアのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

 

海外製プロペシアのメリット

  • AGAクリニックに通院するより費用が安くバレにくい

日本国内のAGAクリニックでプロペシアを処方してもらった場合、1カ月分で5,000円~7,000円程度の費用がかかります。

さらに、診察費や検査で費用が上乗せされるクリニックもあります。

通販・個人輸入を利用した場合、確実にこれより安く購入できます。
長期間にわたり服用する薬なので、金銭的メリットがもっとも大きいといえるでしょう。

<<参考価格2017/12>>

オオサカ堂
アメリカ版プロペシア:5380円
オーストラリア版プロペシア:4464円
ジェネリックフィナロイド:2262円

 

海外製プロペシアのデメリット

  • 偽造品が多い上、日本では認可されていない成分が入っている場合もある。
  • 品質確認ができていない場合がある
  • 医薬品副作用被害救済制度を利用できない

適切な品質管理が行われていないと、健康被害を生じる恐れがあるため、通販・個人輸入でプロペシアを購入するのは避けた方が無難です。

医薬品副作用被害救済制度を利用できないため、健康被害があっても自己責任に問われます。

厚労省からも注意換気が出ています。
▼医薬品等を海外から購入しようとされる方へ(引用:厚労省ホームページ)

 

実はプロペシア自体の値段はそんなに変わらない

ここで押さえておいて欲しいポイントは以下の点です。

実はプロペシア自体の値段はAGAクリニック処方も海外輸入もあまり変わらない

実際にその費用を比べてみましょう。

海外輸入品(オオサカ堂)のプロペシア

オオサカ堂プロペシアジェネリック

このように、海外輸入品であるオオサカ堂のプロペシアの料金は、通常盤で5380円、ジェネリック版で2862円です。
さらに、偽物のリスクや日本無認可の成分が入っている可能性があることも頭に入れておきましょう。

AGAクリニックで処方されるプロペシア

イーストクリニックプロペシア

こちらはイースト駅前クリニックの国内正規品プロペシアの価格です。
正規品が5950円でジェネリックが3800円です。

AGAスキンクリニックプロペシア

こちらはAGAスキンクリニックのプロペシアの価格です。
国内承認薬が初回4200円(以降7000円)、ジェネリックが3400円(以降6000円)です。

オオサカ堂の通販で購入した海外輸入品のプロペシアと、AGAクリニックで処方してもらった国内正規品のプロペシアでは

通常品で300円程度

ジェネリック品で1000円程度

しか料金は違わないのです。

先に挙げた海外輸入品のリスクを考えればどちらが賢明かは一目瞭然だと思います。

 

通販だとプロペシアの副作用に対処できない

プロペシアの副作用についても簡単に触れておきましょう。

過去に行われた48週間の二重盲検比較試験によると、全体の4%に何かしらの副作用が認められています。
プロペシアの副作用として挙げられているのが、性欲減退、勃起機能不全、睾丸痛、精液の質低下、蕁麻疹、発疹、肝機能障害などです。

発症する確率は低いですが、肝機能障害は重大な副作用と考えられています。

尚、通販・個人輸入でプロペシアを利用すると

副作用が起きたときに適切に対処することができません。

 

知らずに購入すると大変なフィナステリド成分の内服薬

プロペシアがAGAに効果を発揮するのは、有効成分フィナステリドが入っているからです。

オオサカ堂では、このフィナステリドを含むプロペシア以外の薬品も販売しています。

しかし、同じ成分でも含有量が違うため用途を間違えると大変です。
代表的なものを挙げておきますので気をつけてください。

フィンペシア

オオサカ堂フィンペシア

プロペシアと同じ有効成分フィナステリドを含むフィンペシアです。

インドの製薬会社シプラ社がプロペシアの真似をし勝手に作ったのですが、特許期限が切れたためジェネリック薬品のように販売しています。もちろん国内未承認なのでオオサカ堂などの通販経由での入手になります。

フィナステリド含有量もプロペシアと同じ1mgなので比較的リスクは少ないです。

ただ、ルネッサンスクリニックで3240円、イースト駅前クリニックで3800円で国内承認薬のプロペシアジェネリックが買えることを考えるとわざわざ通販で買う必要があるのかは疑問です。

>>プロペシアが格安で手に入る、イースト駅前クリニックの詳細を見てみる

 

プロスカーをはじめとするフィナステリド含有量の異なるもの

オオサカ堂プロペシア同成分1

オオサカ堂プロペシア同成分2

1番危険なのは、本来AGA治療には使わないフィナステリドの含まれた薬品です。

含有量に注目してください。
5mgとなっています。

これはプロペシアの5倍にあたる数値(5日分)。
当然副作用のリスクも大きくなります。

本来は前立腺肥大症の薬であり、成分は同じでもそもそも用途が違うのにAGAと記載されています

通販がどれだけ危険かお分かりいただける最たる例です。

 

プロペシアの処方は余計な費用を取られないAGAクリニックを通して

このようなリスクを踏まえ、アメリカの厚生労働省にあたる食品医薬品庁(FDA)は、プロペシアを通販や個人輸入で利用するべきではない医薬品に定めています。

海外通販・個人輸入は様々なリスクを伴いますのでプロペシアを利用したい方は通販・個人輸入ではなくAGAクリニックなどを受診しましょう。

さらに、ポイントとして挙げておきたいのが
余計な費用のかからないAGAクリニックで処方してもらうという点です。

診察費や余計な治療が一切ないイースト駅前クリニック

私がAGAクリニックの取材を重ねる中で気づいた点は、高価な治療だからと言って必ずしも高い効果が期待できるわけではないということです。

現在薄毛治療で効果効能がきちんと国に認められてるのは

  • プロペシア
  • サガーロ
  • ミノキシジル

のみです。

イースト駅前クリニックでは、効果のある内服薬治療に特化した売りニックです。さらに、費用の中に診察費等が全て含まれており、余計な費用が一切かからりません。
そのため、月額30000円の薄毛治療を10000円以内で続けることができます。

薄毛治療は長く続けなければ意味がありません。

海外輸入のプロペシアとほぼ同価格で安心も手に入れられるイースト駅前クリニックは本当にお勧めできるクリニックです。

 

-

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.