~AGA クリニック検索サイト

https://hageism.com/wp-content/uploads/2018/02/cqa.png
加齢による薄毛は止められないの?

フミ
1000人に聞いた薄毛に関する悩み。今回は、誰もが避けられない悩みをご紹介しますね。

年齢が上がるにつれて髪の量が少なくなっていき、気づいたら・・・なんて話をよく聞きますよね。

じゃあ歳をとるのは止められないから薄毛は防げないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません!

今回は加齢による薄毛の原因とその対策にスポットを当て、ネットの情報が正しいのかオズクリニックの長谷川先生に聞いてきました。

スポンサードリンク



加齢による薄毛に対する悩み・口コミ

40代主婦です。現在ボブスタイルの髪型なんですが、こめかみ周辺だけかみが薄くなってしまったせいでバランスが悪く、見栄えが悪いです。年齢的にももう髪を増やすことはできないのでしょうか?今はなるべく髪を結ばないようにしていますが、この先こめかみ周辺の髪はもっと減ってしまうのでしょうか?
私はもうすぐ50歳になりますが、さいきん頭皮がまばらに透けてしまっています。40歳あたりから既に抜け毛がひどく、どうにもならない状態になっていました。育毛剤を使ってみた時期もありましたが、改善することはありませんでした。50歳になる今でも髪を増やすことは可能でしょうか?

 

ネットでの結論!

  • 年齢を重ねるにつれて抜け毛が増えてしまうのはみんな同じ
  • 歳を取ってもアンチエイジエイジングで薄毛の進行を遅らせることができる

 

オズクリニックの長谷川先生の回答

フミ
長谷川先生、加齢による薄毛は止めることはできるんですか?
長谷川先生
ハッキリ言って加齢による薄毛はみんな起こることだから、クリニックでの治療で髪を増やすこと自体はできるんだけど、残念ながら20代の髪に戻すのは難しいわね。
フミ
そうなんだ。若々しく見せていきたいならやっぱり治療をして髪を復活させるしか方法はないんですね・・・。

通いやすいAGAクリニックはこちら

 

本当に加齢が原因?

《老人性脱毛症の特徴》

基本的には60代以降に見られる薄毛のことを老人性脱毛症と呼んでいます。
老人性脱毛症にも幾つかの種類がありますが、頭髪が全体的に細くなっていく、といった特徴を持っています。髪の毛のコシがなくなっていき、ボリュームがダウンするのです。

地肌に関しては一定の露出をしていきます。分け目の部分の地肌が目立ったり、髪の毛をかきあげたときに地肌が目立ったり、といった状態になってしまうのです。

 

《AGA(男性型脱毛症)の特徴》

年齢に関係なく発症します。
ただし基本的には30代から40代に発症することが多いです。

主に前頭部と頭頂部から薄毛が進行します。男性型脱毛症が発症してからある程度時間が経つと、頭頂部と前頭部の地肌が完全に露出してしまいます。最終的には前頭部から頭頂部まで禿げ上がってしまうのです。

男性型脱毛症の場合は、側頭部と後頭部の髪の毛が残存するケースがほとんどです。前頭部から頭頂部までの局所的な薄毛の症状となっています。

※併発している場合はクリニックで治療を

男性型脱毛症と老人性脱毛症は併発する可能性もあります。
前頭部や頭頂部が薄くなっており、さらに頭髪全体が細い、という場合には併発している可能性が極めて高いのです。

二つの脱毛症が併発している場合は自己解決が難しいです。AGAクリニックなどの専門的な医療機関で治療を受けましょう。

老人性脱毛症の原因

  • ①血行不良
  • ②老化(細胞分裂の低下)
  • ③栄養不足

《① 血行不良》
年齢が高くなると様々な老化現象が出てきてしまいます。その一つに血圧があります。若いときには正常な血圧であった人でも、年齢が高くなると血圧は高くなってしまうものです。日常的に降圧剤を利用している、という方も多いのではありませんか。
血圧が高いということは、血管が収縮している、ということでもあります。血管を通る血液量が少なくなっており、太い血管に血液が集中し細い毛細血管などの血管には血液が至らなくなってしまうのです。髪の毛に栄養が送られにくくなり、結果として薄毛になってしまいます。

《② 老化(細胞分裂の低下)》
年齢が高くなると成長ホルモンが出にくくなります。成長ホルモンには細胞を活性化させる働きがあるので、年齢が高くなると細胞分裂がされにくくなってしまうわけです。さらに毛母細胞の分裂回数には限度があります。40回程度とされており、高齢になるいとその40回に近い状態なっているかもしれません。細胞が死滅することで老人性脱毛症が発症する、ということもあり得るのです。

《③栄養不足》
年齢が高くなると食が細くなります。髪に毛にはタンパク質やアミノ酸、そしてミネラルなどの栄養素が必須です。それらの栄養素が足りなくなると髪の毛が細くなり、薄毛が目立ってしまいます。

加齢による薄毛の進行を遅らせるには?

  • ①積極的な頭皮マッサージや運動の実施
  • ②バランスの良い食生活を心がける

《① 積極的な頭皮マッサージや運動の実施》
血行不良の解消と細胞の活性化は関連しています。細胞は血液によって栄養が送られて活動しています。要は血流が回復して細胞にいっぱい栄養が送られるようになれば、眠っていた細胞も覚醒する可能性があるわけです。
血行を高めるためには、頭皮マッサージや運動が有効です。頭皮マッサージをすれば頭皮の血行がピンポイントで回復します。運動をすれば全身の血行が高まるわけです。

《②バランスの良い食生活を心がける》
年齢が高くなると若いときに比べて食べられなくなります。だからこそバランスの良い栄養価の高い食生活をおくるべきなのです。特に高齢になると髪の毛の主成分でもあるタンパク質の摂取が疎かになってしまうので注意しましょう。

加齢による薄毛に育毛剤は効果があるの?

育毛剤に高い効果が期待できません。加齢による薄毛である老人性脱毛症の場合は体の内部が関わっている可能性が極めて高いので、頭皮環境改善作用が名の育毛剤では役に立たないのです。もちろん利用してはダメというわけではありませんが、フサフサに復活させるほどの力はありません。

ただし男性型脱毛症(AGA)を併発している場合には育毛剤にも一定の効果があります。オウゴンエキスのような5αリダクターゼ対策ができる成分が入っているものであれば、効果が得られることも十分に考えられます。
5αリダクターゼが含まれる育毛剤はこちら

-

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.