~AGA クリニック検索サイト

https://hageism.com/wp-content/uploads/2018/02/cqa.png
シャンプーの時の抜け毛ってどうにかならないの?

フミ
1000人に聞いた薄毛に関する悩み。今回は、ハゲイズムに最も多く寄せられる悩みの一つをご紹介しますね。

お風呂に入った時、排水溝に自分の髪の毛が大量に抜け落ちて絡まっているのが気になることはありませんか?

いくら髪は抜け落ちて生えかわるものとは言えど、抜け毛が多いと不安になりますよね。

今回は、本来の抜け毛の量と髪の毛が大量に抜けてしまう原因にスポットを当て、ネットの情報が正しいのかオズクリニックの長谷川先生に聞いてきました。

スポンサードリンク



シャンプー時の抜け毛を減らすには?という悩み・口コミ

毎回シャンプーとドライヤーをする時におびただしい量の髪の毛が抜けてしまいます。排水溝やゴミ箱が髪の毛でいっぱいになってしまうくらいです。気がつくと、家の中にも髪の毛が落ちています。どちらかというと髪の本数が多く、太くて硬めの髪質です。でも、このまま大量に髪が抜け続けると将来薄毛になるのではないかと今から不安です。大量の抜け毛の原因とその対策が知りたいです。
どうしたらシャンプーをする時などに髪の毛が抜けにくくなるのかを知りたいです。普段シャンプーをすると、かなりの毛量が塊で抜け落ちてしまいます。髪の毛をちょっと引っ張っただけでも抜けることがあります。髪質が柔らかいことも原因の一つかなと思っていますが、抜け毛が少ない髪質に変化させることはできるのでしょうか?また、食事などで髪質や毛量を改善できるのかどうかも知りたいです。

 

ネットでの結論!

  • 抜け毛を減らすには育毛シャンプーを使ってみよう

 

オズクリニック長谷川先生の回答

フミ
長谷川先生、シャンプー時の抜け毛を減らす方法はあるんですか?
長谷川先生
あのね、そんな方法があったらもうとっくにみんな対策してるわよ(笑)みんなあんまり気づいてないんだけど、シャンプーの時に髪が抜けるのは当たり前なの。
フミ
そうなんだ!そう聞くとちょっと安心かも・・・?
長谷川先生
抜け毛は多少仕方ないところもあるから、神経質になるべきなのは必要以上に抜ける時だけ。まずはAGAクリニックとか、第三者に自分の頭皮の状態を診てもらうことが大切ね。

通いやすいAGAクリニックはこちら

 

適切な抜け毛の量と抜け毛の原因

フミ
ここからは適切な抜け毛の量と抜け毛の原因、シャンプーについての情報を詳しくまとめていきます!

髪は1日あたり50本から100本程度は抜ける

髪の毛はフサフサの人であったとしても想像以上に抜けています。100本抜けていてもフサフサという人もいるのです。

ただしシャンプーをしている時に、すべての髪の毛が抜けているわけではありません。枕カバーに毛がついていたり、髪の毛をセットするときに抜けたりもするでしょう。そういった髪の毛も全てあわせて1日あたり平均で50本から100本程度抜ける、ということなのです。

 

継続的に150本以上抜けていると黄色信号

必ずしも抜毛の本数で薄毛と断定することは出来ません。たとえば季節によっても抜毛の本数が異なってくるのです。
特に季節の変わり目に関しては、1日あたり200本や300本抜けることもあります。

問題となってくるのは抜毛が多い状態が長期間続く、というものです。1ヶ月以上に渡って150本以上抜けている状態が続いている人は、頭皮や髪の毛を作る細胞などに何らかの問題が発生しているかもしれません。

 

シャンプーによる頭皮環境の悪化が原因の1つ

《シャンプーの種類》

  • 高級アルコールシャンプー

石油系の界面活性剤を洗浄成分としているシャンプーです。市販されているシャンプーのほとんどが高級アルコールシャンプーに属します。洗浄力が極めて高いことで知られています。

  • 石鹸シャンプー

石鹸を洗浄成分としています。ペーハーがアルカリ性であり、毛穴を開く作用があるので非常に強い洗浄力を持っています。

  • アミノ酸シャンプー(育毛シャンプー)(スカルプシャンプー)

アミノ酸系の洗浄成分を利用しているシャンプーです。ペーハーが頭皮と同じ弱酸性なので洗い上がりが優しい、といった特徴があります。

>シャンプー比較表を確認

 

市販に多い石油系シャンプーが危険

市販されている大多数のシャンプーが属している石油系シャンプー(高級アルコールシャンプー)は洗浄力が強すぎるのが問題です。
毛穴の奥にある皮脂まで取り去ってしまうので、頭皮が一時的に乾燥してしまいます。乾燥した肌はちょっとした刺激にも弱くなってしまうのです。さらに乾燥すると皮脂腺が乾燥状態を変えようと皮脂の分泌量を増やします。結果的に脂性肌になってしまうわけです。

石油系シャンプーを継続的に利用すると頭皮の状態が悪化し、抜毛を促進させる恐れまであるのです。

 

頭皮環境を痛めないのはアミノ酸系シャンプー

育毛シャンプーやスカルプシャンプーと呼ばれているアミノ酸系シャンプーですが、頭皮に対して非常に優しい、といった特徴を持っています。前述したようにお肌のペーハーと同じ弱酸性なのです。
洗浄力は強くありませんが、そのかわり頭皮に刺激を与えるようなこともありません。

保湿に必要な皮脂もしっかりと皮膚の内部に残せます。乾燥肌を招いてしまうような心配もほとんどありません。

育毛をしたい、抜け毛を減らしたいという方はなるべくアミノ酸系のシャンプーを利用すべきです。

 

シャンプーで抜け毛は減るのか?

抜毛を減らすことは可能です。シャンプーには頭皮環境を正常化させるような作用があるので、髪の毛の健やかな成長に役立ってくれるわけです。

ただしシャンプーはあくまで頭皮を綺麗にする、という役割があるのみです。頭皮環境を良くする機能に限定されているので、それ以上の育毛効果などを求めるのは「酷」と言っても過言ではありません。

たとえば血行不良が原因で薄くなるびまん性脱毛症は血行を促進させる必要があります。男性型脱毛症は酵素の5αリダクターゼの働きを阻害しなければなりません。

シャンプーに血行促進成分が入っていたとしても、5αリダクターゼを阻害させる成分が入っていたとしてもすぐに洗い流してしまうわけです。高い育毛効果がシャンプーで得られることはありません。

-

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.