~AGA クリニック検索サイト

https://hageism.com/wp-content/uploads/2018/02/puropeshoa.png
ミノキシジルとフィナステリドの副作用は比較してみると!?

ミノキシジルとフィナステリドは、双方ともに医薬発毛成分です。

医学的に発毛効果は認められているのですが、重篤な副作用の報告もあります。

こちらではミノキシジルとフィナステリドの副作用を明らかにします。

頭皮にとって刺激が強いミノキシジル

 

<ミノキシジルの主な副作用>
塗るタイプ→頭皮のかゆみや、湿疹
内服薬→多毛症、血圧を下げる

 

スポンサードリンク



ミノキシジルの副作用症状は主に皮膚に集中する傾向

ミノキシジルの副作用を調べてみると、極めて頭皮に関するものが多いことがわかります。

頭皮に対して一定の問題が発生する可能性が高い、ということは理解しておかなければなりません。

特に注意してほしいのが、敏感肌の人です。

ミノキシジルによって頭皮に大きな問題が生じてしまう、といった可能性も少なからずあるので、注意しましょう。

湿疹や傷ができているような場合は、ミノキシジル系の発毛剤は利用しない方が無難です。

 

具体的にはどのような問題が頭皮に起こってしまうのか?

・炎症
・かゆみ
・湿疹
・フケ

ミノキシジルを頭皮に塗布すると、様々な問題が頭皮に発生してしまいます。

頭皮に傷などがある方はそこから悪い状況になってしまう、といった可能性もあるので十分に注意しなければなりません。

 

飲むミノキシジル|ミノキシジルタブレットの副作用とは

ミノキシジルタブレットに関しては、塗布タイプのミノキシジルとは異なる副作用が発生する可能性があります。

塗布タイプは頭皮に塗ることになるので、頭皮に問題が発生しやすいのです。

一方で、ミノキシジルタブレットは飲むタイプなので、体の内部に何かしらの問題を発生させてしまう可能性があります。

・低血圧
・動悸
・息切れ
・心臓の痛み
・頭痛
・多毛症

ミノキシジルタブレットは血圧に特に強い影響を与えることが分かっています。

全身の血管を拡張することになるので、血圧が一気に降下してしまう、といったリスクが内在しているのです。

血圧が下がりすぎて気を失ってしまう、といった可能性もあります。

動悸や息切れに関しても、血圧が大きく関わっているのです。

心臓に関しても、ミノキシジルタブレットが大きな影響を与えていると考えられます。

頭痛も血管の収縮や拡張によって引き起こされることがあるので、発生してしまう可能性があります。

副作用が心配な方は、AGAクリニックへ行くことをオススメします。

>自分にあったAGAクリニックを探すならこちらへ

一方で、ミノキシジルタブレットの副作用で注目してほしいのが多毛症です。

多毛症は髪の毛だけではなく全身の毛が濃くなってしまう、というものです。

例えば、指の毛が濃くなってしまうこともあれば、すね毛が濃くなってしまう、ということもあるのです。

内服薬なので、塗布薬とは異なり全身の血管を拡張することになります。その結果、全身の毛根に栄養が送られることになり、体毛まで濃くなってしまうわけです。

 

フィナステリドの副作用は見た目ではわからない


フィナステリドの副作用は性的な問題

見た目では確認できないからこそ恐ろしい!

塗布タイプのミノキシジルに関しては、頭皮を見れば確認できるものが副作用のメインです。

炎症が起きていたりしたら鏡で確認すればわかります。痒みがあれば、「頭皮に問題が出ているな」ということも分かるわけですよね。

フィナステリドに関しては内服薬なので、基本的な副作用は見た目では分かりません。

わからないからこその怖さがあるのです。見た目で副作用がわかれば、使用を中止しよう、といった事も考えられますよね。

しかし、フィナステリドの場合は、いつ副作用が発症しているのかなかなか把握できない、といった特徴があります。

副作用が出ているのに利用し続けてしまう、ということも。

 

フィナステリドの副作用

・勃起不全
・精力減退
・精子の減少
・睾丸の痛みなど

フィナステリドで確認されている副作用ですが、男性機能に関わるものばかりです。

もともと前立腺肥大症の改善薬として作られた過去もあるので、何かしら下半身に影響を与えてしまう、といった可能性が高いわけです。

性的な副作用ですが、普段の生活ではあまり実感できません。

いざセックスをしようとした時に問題を感じることになるわけです。副作用がなかなか把握できない、というところにも恐ろしさがあるわけです。

薄毛になる時期と精力減退の時期が重なる、という部分も問題です。

フィナステリドの影響でEDになっているのに、年齢のせいだと誤って認識しているケースもすくなくありません。

 

最終的にはどちらが良いかは自分で判断すべき

どちらがマシかで判断すべき

ミノキシジルにもフィナステリドにも副作用があることは間違いありません。

そこで考えるべきなのが、自分にとってはどちらがマシなのか、ということです。

・頭皮環境が悪化してもかまわない人・・・ミノキシジル
・性的に問題があってもかまわない人・・・フィナステリド

医薬成分なので、副作用は出ても仕方ない、といった考え方もあります。

まずは、二つの薬剤の副作用を正しく認識し、取捨選択を実施してください。

 

実際に試してみるのもおすすめ

薄毛治療や継続して実施しなければなりません。

ですから試してみてその上で判断する、ということも大事なのです。

副作用が出なかった方を利用する、ということもおすすめでしょう。

副作用が出るか出ないかは個人差があるので、実際に利用してみなければ分かりません。

副作用が出なかった方を利用するといった考え方もありますね。

塗るタイプの育毛剤で効果があまり感じられなかったという人は、プロペシアを検討してみてはいかがでしょうか?

プロペシアはAGAクリニックで処方されます。

>最安値でプロペシアを手に入れるならこちらへ

 

まとめ

ミノキシジルはメインの副作用は肌荒れ系のもので、血圧に関するものもあります。

一方で、フィナステリドは男性機能に関わる副作用がメインです。

双方とも発毛医薬成分ではありますが、副作用の内容は全く異なっているのです。

副作用でどちらを利用するか決める、ということも一つの大きな判断材料です。

どちらのほうが嫌な副作用だな、ということを感じたでしょうか。嫌だと感じなかった方を利用してみましょう。

また、実際に試してから判断する、といった事も一つの判断材料です。

1週間から2週間ほど試してみて、副作用が出なかった方を継続利用する方も実際に居ます。

 

-

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.