~AGA クリニック検索サイト

https://hageism.com/wp-content/uploads/2018/02/csyoku.png
植毛の価格

植毛の価格をAGAクリニック毎に比較します。

スポンサードリンク



そもそも植毛って何?

現在、様々な治療によりAGAや薄毛を改善できるようになっています。

しかし、AGAクリニックの治療は以下のケースでは優れていません。

  • 治療が遅く、毛根自体が生きていない
  • 治療をし続けなければならない

自毛植毛とは、後頭部や側頭部などAGAの影響を受けにくい部分の髪の毛を採取して、薄毛部分に移植するAGA・薄毛治療です。

自分の髪の毛を移植するので自然な仕上がりになるため、

1度手術をしてしまえば薄毛対策治療から抜け出せる点が最大のメリットです。

後頭部などの髪の毛を薄毛部分に移植するので、自毛植毛では手術が必要になります。

手術方法には、ARTUS植毛・FUE法・ストリップ法(FUT法)などがあります。

 

ARTUS植毛(ロボット支援) FUE法 ストリップ法(FUT法)
施術概要 植毛ロボット「ARTUS」が、後頭部に生えている髪の毛の角度・密度・本数などを判別して、移植株採取部にムラが出ないように極細のパンチで移植株を正確に採取します。採取した移植株は、専門スタッフが余分な部分を取り除きながら株分けします。 チューブパンチを使って、人の手により1つずつ移植株を採取します。 メスで帯状に切除した移植株採取部(主に後頭部)の頭皮を、毛穴単位に切り分けて移植株を作成します。
術後の傷・痛み パンチで移植株を採取するので、メスを使って頭皮を切開する手術方法より術後の傷・痛みとも少ないといわれています。傷の治りも早くダウンタイムも少ないとされています。 頭皮を切開しないので、術後の傷・痛みとも比較的少ないとされています。ダウンタイムも短めです。 頭皮を帯状に切除するため、治りが遅く痛みが続きます。また、大きな傷跡も残ります。他の手術方法に比べダウンタイムは長めとされています。
ドナー部の状態 ARTUSがデジタル処理を行い、最適な間隔で移植株を採取します。医師の技術やクセに左右されないので、他の手術方法に比べ移植株採取部にムラがでません。 ストリップ法に比べると手術痕は目立ちにくいですが、医師が一つずつ移植株を採取するので、採取部の状態は医師の技術に左右されます。技術が未熟だと、採取部にムラが出ることなどがあります。 帯状に切り取った頭皮を縫い合わせるため、線状の傷跡が残ります。医師の技術などによっては、縫い合わせた頭皮が引っ張られて違和感を抱くこともあります。
ドナー品質 ARTUSの正確な動作により移植株を採取するので、植毛に必要な組織を傷つけることなく移植株を採取できます。安定した品質の良質な移植株が得られます。 移植株の品質も医師の技術に左右されます。技術が未熟だと植毛に必要な組織を切断することがあるからです。移植株の品質が悪くなると生着率も悪くなります。 帯状に切り取った頭皮を小分けして移植株を採取するため、植毛に必要な組織を誤って切断する確率は低いとされています。一方で、弱っている髪の毛などが混ざりやすく、移植株の品質は安定しにくいといわれています。
採取時間 ARTUSが移植株を採取するので無駄な手間がかかりません。他の手術方法に比べ、短時間で移植株を採取できるとされています。侵襲性の低い手術方法といえます。 人の手でひとつずつ移植株を採取するので、採取時間は長くなります。患者にかかる負担が大きい手術方法です。 人の手で頭皮を切開して移植株を採集するため採取時間は長めです。患者にかかる負担も大きめです。
費用 ARTUSが移植株を採取するので、専門医が移植株を採取する手術法に比べると安めです。(ARTUSの操作は専門医が行います。) 長時間にわたり繊細な手作業が要求されるため、ARTUS植毛などに比べると費用は高めです。 FUE法などに比べると、移植株の採取などに手間はかからないので費用は安めです。
メリット ARTUS植毛のメリットは、医師の技術に左右されない安定した品質の手術(移植株採取)を割安な料金で受けられることです。移植株採取部にムラができないこと、ダウンタイムが少ないこともARTUS植毛のメリットです。 FUE法のメリットは、頭皮を切開する必要がないので痛みが少なく傷跡が残りにくいことです。ダウンタイムが短めな点もメリットといえます。医師の技術レベルによっては、高品質な自毛植毛を受けることもできます。 ストリップ法の最大のメリットは、他の手術方法に比べ費用がかからないことです。自毛植毛は高額な費用がかかる治療法なので、人によっては大きなメリットになります。

植毛を選択した人の年齢層や選択理由

植毛クリニック来院年代別

まず、植毛という選択肢を選ぶ年齢層は20代、30代が多く、育毛剤やAGAクリニックよりも年齢層が低いことがわかります。
一度手術を受ければ今後薄毛治療を続ける必要がないということで、ITリテラシーの高いこの年代が多くなっているようです。

植毛クリニックへの来院理由

次に、来院理由ですが、意外にもAGAクリニックとの競合は少ないようです。
単純に薄毛に悩みネットで情報収集をした結果、トータルコストで植毛がベストと判断する人が多いのでしょう。

クリニック別植毛の価格比較

植毛の価格はグラフト数(自毛を植毛する本数)によって変化します。

アイランドタワークリニック、湘南美容外科クリニック、AGAスキンクリニックで手術をすることができますが、各クリニックともに植毛方法や表示されている価格のグラフト数が異なります。

植毛は手術のため、「人による治療を優先させるのか」「価格を優先するのか」で料金も大きく異なるのでしっかりチェックしてください。

>>植毛の料金について詳しく知りたい方はこちら

植毛のメリットは?

  • 薄毛治療と違い根本原因を解消できるため維持費が不要
  • 植毛後のメンテナンスも不要
  • 自分の髪の毛を植毛するため自然に馴染みやすい
  • なんと言っても植毛の最大のメリットは、自分の髪の毛を移植するため薄毛の根本原因を解消する点です。

    手術のため費用はAGAクリニックに通院するよりも高く感じますが、一度手術をしてしまえばメンテナンスをはじめとする維持費が不要なためトータルコストは安くなります。

    >>植毛のメリットについてもっと詳しく知りたい方はこちら

    植毛のデメリットは?

  • 自毛植毛の手術は痛みを伴う
  • 後頭部を刈り上げる必要がある
  • ショックロスの可能性や定着率の問題があある
  • 自毛植毛はメリットばかりではありません。当然、デメリットもあります。

    最大のデメリットはやはり手術になるため痛みを伴うという点です。

    AGAクリニックの治療でも一部メソセラピーなど痛みを伴う治療はあるものの、メスを入れるわけですからそれなりの覚悟が必要です。

    また、メンテナンスの必要はないものの、定着率の問題があり植毛した毛が100%定着するとは限らないようです。

    >>植毛のデメリットについてもっと詳しく知りたい方はこちら

    植毛の口コミ評判

    スポンサードリンク



    レビューを投稿する
    1
    2
    3
    4
    5
    送信する
         
    キャンセル

    レビューを投稿する

    平均:  
     0 レビュー

    -

    Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.