~AGA クリニック検索サイト

近藤
AGAクリニックって効果はあるけど治療をやめると元に戻ってしまうというリスクがあるよね。
フミ
う〜ん。通院1回の費用も20000~30000円と決して安くはないんだけど、20年通院したら総額720万円になっちゃうよね・・・
近藤
僕はトータルコストを考えると自毛植毛は1番良いと思う。
フミ
それは私も同感。一旦自毛植毛すれば一生ものだし継続治療の必要性がないからね。今回は、自毛植毛についてリスクも含めてしっかり勉強しよう!
  >1番費用の安い自毛植毛クリニックはこちら  

自毛植毛に関する事前データ

植毛クリニック来院年代別 まず、植毛という選択肢を選ぶ年齢層は20代、30代が多く、育毛剤やAGAクリニックよりも年齢層が低いことがわかります。 一度手術を受ければ今後薄毛治療を続ける必要がないということで、ITリテラシーの高いこの年代が多くなっているようです。 植毛クリニックへの来院理由 次に、来院理由ですが、意外にもAGAクリニックとの競合は少ないようです。 単純に薄毛に悩みネットで情報収集をした結果、トータルコストで植毛がベストと判断する人が多いのでしょう。  

植毛とは

現在では、様々な治療によりAGAや薄毛を改善できるようになっています。 しかし、AGAクリニックの治療は以下のケースでは優れていません。
  • 治療が遅く、毛根自体が生きていない
  • 治療をし続けなければならない
自毛植毛とは、後頭部や側頭部などAGAの影響を受けにくい部分の髪の毛を採取して、薄毛部分に移植するAGA・薄毛治療です。 自分の髪の毛を移植するので自然な仕上がりになるため、 1度手術をしてしまえば薄毛対策治療から抜け出せる点が最大のメリットです。 後頭部などの髪の毛を薄毛部分に移植するので、自毛植毛では手術が必要になります。 手術方法には、ARTUS植毛・FUE法・ストリップ法(FUT法)などがあります。  
ARTUS植毛(ロボット支援) FUE法 ストリップ法(FUT法)
施術概要 植毛ロボット「ARTUS」が、後頭部に生えている髪の毛の角度・密度・本数などを判別して、移植株採取部にムラが出ないように極細のパンチで移植株を正確に採取します。採取した移植株は、専門スタッフが余分な部分を取り除きながら株分けします。 チューブパンチを使って、人の手により1つずつ移植株を採取します。 メスで帯状に切除した移植株採取部(主に後頭部)の頭皮を、毛穴単位に切り分けて移植株を作成します。
術後の傷・痛み パンチで移植株を採取するので、メスを使って頭皮を切開する手術方法より術後の傷・痛みとも少ないといわれています。傷の治りも早くダウンタイムも少ないとされています。 頭皮を切開しないので、術後の傷・痛みとも比較的少ないとされています。ダウンタイムも短めです。 頭皮を帯状に切除するため、治りが遅く痛みが続きます。また、大きな傷跡も残ります。他の手術方法に比べダウンタイムは長めとされています。
ドナー部の状態 ARTUSがデジタル処理を行い、最適な間隔で移植株を採取します。医師の技術やクセに左右されないので、他の手術方法に比べ移植株採取部にムラがでません。 ストリップ法に比べると手術痕は目立ちにくいですが、医師が一つずつ移植株を採取するので、採取部の状態は医師の技術に左右されます。技術が未熟だと、採取部にムラが出ることなどがあります。 帯状に切り取った頭皮を縫い合わせるため、線状の傷跡が残ります。医師の技術などによっては、縫い合わせた頭皮が引っ張られて違和感を抱くこともあります。
ドナー品質 ARTUSの正確な動作により移植株を採取するので、植毛に必要な組織を傷つけることなく移植株を採取できます。安定した品質の良質な移植株が得られます。 移植株の品質も医師の技術に左右されます。技術が未熟だと植毛に必要な組織を切断することがあるからです。移植株の品質が悪くなると生着率も悪くなります。 帯状に切り取った頭皮を小分けして移植株を採取するため、植毛に必要な組織を誤って切断する確率は低いとされています。一方で、弱っている髪の毛などが混ざりやすく、移植株の品質は安定しにくいといわれています。
採取時間 ARTUSが移植株を採取するので無駄な手間がかかりません。他の手術方法に比べ、短時間で移植株を採取できるとされています。侵襲性の低い手術方法といえます。 人の手でひとつずつ移植株を採取するので、採取時間は長くなります。患者にかかる負担が大きい手術方法です。 人の手で頭皮を切開して移植株を採集するため採取時間は長めです。患者にかかる負担も大きめです。
費用 ARTUSが移植株を採取するので、専門医が移植株を採取する手術法に比べると安めです。(ARTUSの操作は専門医が行います。) 長時間にわたり繊細な手作業が要求されるため、ARTUS植毛などに比べると費用は高めです。 FUE法などに比べると、移植株の採取などに手間はかからないので費用は安めです。
メリット ARTUS植毛のメリットは、医師の技術に左右されない安定した品質の手術(移植株採取)を割安な料金で受けられることです。移植株採取部にムラができないこと、ダウンタイムが少ないこともARTUS植毛のメリットです。 FUE法のメリットは、頭皮を切開する必要がないので痛みが少なく傷跡が残りにくいことです。ダウンタイムが短めな点もメリットといえます。医師の技術レベルによっては、高品質な自毛植毛を受けることもできます。 ストリップ法の最大のメリットは、他の手術方法に比べ費用がかからないことです。自毛植毛は高額な費用がかかる治療法なので、人によっては大きなメリットになります。

アイランドタワークリニックの治療

アイランドタワークリニックでは、「切らない」「痛くない」「傷が残らない」を特徴とする「i-diret法」という自毛植毛を行っています。 i-diret法の特徴は、移植株の採取・移植株の移植にメスを使わないことです。 独自に開発したチューブパンチを使用して移植株を採取・移植株を植えるホールの作成を行うので、痛みが少なく傷跡が目立ちにくいとされています。 また、髪の毛の生えていく方向を決めながらホールを作成するので、従来の自毛植毛より自然な仕上がりになりやすいといわれています。 独自に開発したチューブパンチで採取する移植株の大きさは0.8mm、独自に開発したチューブパンチで作成するホールは0.6mmです。 0.6mmのホールに0.8mmの移植株を植え込むので、移植株が安定しやすく生着率が高い点もi-direct法の特徴です。
>アイランドタワークリニックの無料カウンセリングはこちら
 

ルネッサンスクリニックの治療

ルネッサンスクリニックの自毛植毛の特徴は、ARTASという植毛ロボットを使って移植株の採取を行っていることです。 植毛ロボットで移植株を採取する理由は、毛根を毛穴ごとくりぬくときに移植株を傷つけないためです。 毛根は様々な向きに生えているため、人の手で正確に採取することは難しいと考えられています。植毛ロボットを活用することで、移植株を傷つけず採取するようにしているのです。 ARTASは、2ニードルシステムと呼ばれる方法で移植株を採取します。 2ニードルシステムとは、インナーニードルと呼ばれる内針で皮膚をパンチしてからアウターニードルと呼ばれる外針でコアリングする移植株の採取方法です。これによっても、移植株を傷つけず採取するようにしているのです。 ARTASによって採取された移植株は、専門スタッフに株分けされ、高い技術と豊富な経験を有するルネッサンスクリニックの医師により髪の毛の生える角度を計算しながら移植頭皮に小さくきれいな切れ目を作って植毛するマイクロスリット法)されます。 その結果、定着率が高く自然な仕上がりの自毛植毛が実現されます。
>>ルネッサンスクリニックの無料カウンセリングはこちら
 

親和クリニック新宿

親和クリニック新宿では、「MIRAI法」と呼ばれる植毛技術を用いて自毛植毛を行っています。
  • 短時間で大量の植毛を実現
通常の植毛手術では1回あたり1,600株程度しか植毛できないとされています。MIRAI法では、熟練の医師の技術とチームスタッフの協力により1回あたり5,000株/時間の植毛が可能です。13,000本程度の髪の毛を移植できるので、1日で額から後頭部まで植毛することができます。
  • 超高密度の植毛が可能
通常の自毛植毛手術に比べ高密度の植毛を実現できる点もMIRAI法の特徴です。通常の自毛植毛手術では、1cm四方20~35グラフトの移植が限界といわれていますが、MIRAI法では1cm四方あたり80~100グラフトの移植ができます。つまり、通常の自毛植毛より自然な毛量を実現しやすいのです。
  • 極細パンチで自然な仕上がりを実現
MIRAI法で使用するパンチは、世界最初クラスの0.63mmしかありません。超極細なので髪の毛の流れなどをじゆうにデザインすることができます。そのため、MIRAI法は、自然な仕上がりになると評価されています。
   

アイランドタワークリニックがオススメな理由とは

日本国内で最高品質の自毛植毛を受けたい方は、アイランドタワークリニックがおすすめです。 アイランドタワークリニックは自毛植毛だけを手掛ける専門クリニックです。 最新の医療設備・施設を活用して、世界トップレベルの技術を持つ専門医が「切らない」「痛くない」「傷が残らない」i-direct法による植毛手術を行います。 アイランドタワークリニックに在籍する医師の技術レベルは、国際毛髪外科学会で発表された1時間当たりに採取できる株数からわかります。
世界平均が1時間当たり500~600株なのに対し、アイランドタワークリニックに在籍する医師は1時間当たり1000~1500株の採取が可能です。 しかも、自毛植毛ロボットより正確に施術を行えます。 (※自毛植毛ロボットの切断率12.5%に対しアイランドタワークリニックに所属する医師の切断率5.5%)。 最新の医療設備・施設を活用して、世界トップレベルの専門医がi-direct法による植毛手術をするので、アイランドタワークリニックの自毛植毛は95%を超える生着率を誇ります。
他のクリニックで受ける自毛植毛に比べ費用はやや高めですが、受ける価値のある自毛植毛といえるでしょう。 このことは、日本国内で自毛植毛を受ける方の7割がアイランドタワークリニックを選んでいることからわかります。
>アイランドタワークリニックの無料カウンセリングはこちら
 

自毛植毛のデメリットとは

近藤
自毛植毛は手術が必要。いくら優れた医師やロボットが行うといってもそのリスクはきちんと勉強しておく必要があるね。
フミ
そうだね、万が一のことも考えてデメリットについても知っておこう。
 

自毛植毛の手術は痛みが伴う

自毛植毛では、何かしらの方法で移植株になる自毛を採取する必要があります。
  • メスを使わないFUE法
  • メスを使うFUT法(ストリップ法)
FUE法では、チューブパンチで移植株を一つずつ採取します。 それに対し、FUT法では、メスで後頭部の頭皮を帯状に切り取ってから毛穴単位に小分けすることで移植株を作成します。 痛みの程度は手術法により異なりますが、いずれの方法でも痛みが伴います。 基本的に、メスを使わないFUE法のほうが痛みは少ないといわれています。FUT法は、痛みが続きやすく、帯状に切り取った頭皮を縫い合わせるため線状の傷跡が残ります(傷痕部分の髪の毛はなくなります)。当然ながら、ダウンタイムもFUT法のほうが長くなります。 ですから、痛みが苦手な方は、FUE法など痛みの少ない手術方法を選ぶと良いでしょう。  

後頭部を刈り上げる必要がある

自毛植毛の手術のため、後頭部を刈り上げなくてはなリマセン。 移植株の生着率は、移植株の品質に左右されます。 良い状態の移植株を用意するには、髪の毛の生え方、向きなどの情報を正確に把握したうえで採取する必要があります。この目的を実現するため、あるいは移植株の採取をスピーディーに行うため、自毛植毛の手術では後頭部を刈り上げます。 刈り上げ部分を隠したい方は、手術前に髪の毛を伸ばしてツーブロックにするとよいかもしれません。刈り上げ部分を上の髪の毛で覆うヘアスタイルなので、自毛植毛で刈り上げても目立ちません。 あるいは、ルネッサンスクリニックのARTUS植毛、アイランドタワークリニックの刈らないダイレクトを利用する方法もあります。
植毛ロボットを使って移植株を採取するARTUS植毛では、ARTUS用のウィッグを装着することができます。ウィッグをつければ刈り上げ部分が分からなくなります。
移植株採取時に該当する髪の毛だけ短くカットすることで、刈り上げずに移植株を採取する最新の自毛植毛です。一般的な自毛植毛より費用はかかりますが、ヘアスタイルが変わらないので目立ちにくいメリットがあります。
 

ショックロスの可能性

ショックロスも覚えておきたい自毛植毛のデメリットです。 ショックロスとは、術後に現れる一時的な抜け毛の増加です。 移植した髪の毛ではなく元からあった髪の毛が抜けるので不安を感じる方が多いようです。 ショックロスのはっきりした原因はわかっていませんが、局所麻酔や炎症の影響により一部の髪の毛のヘアサイクルが乱れるため起こると考えられています。 術後に抜け毛が増えると心配してしまいますが、ショックロスは一時的なものです。見た目に影響を与えるほど抜け毛が続くことはほとんどありません。 たいていの場合、6カ月~12カ月程度で回復します。自毛植毛を受けたすべての方で現れるわけではありませんが、無駄な心配を避けるため覚えておくとよいでしょう。  

定着率の問題

移植した髪の毛のすべてが定着するわけではない点も自毛植毛のデメリットです。 一般的な定着率は95%程度と考えられています。 ただし、医師の技術や頭皮環境、術後のケアなどにより80%以下になることもあります。 定着率を高めたい方は、医師の指示に従い術後のケアに取り組むことが重要です。食生活や生活習慣も定着率に影響を与えるので、改善を求められた方はこれらにも取り組む必要があります。 少しでも定着率の高い自毛植毛を受けたい方は、アイランドタワークリニックでの治療がおすすめです。 国内最高品質といわれる自毛植毛「i-direct法」の生着率は95%以上です。定着率を重視したい方には、魅力的な選択肢といえるでしょう。
>アイランドタワークリニックの無料カウンセリングはこちら
近藤
今回の話だと植毛も薄毛治療の選択肢に入れるべきだよね。
フミ
うん、トータルコストも安いしね。芸能人も植毛手術をしている人は多いみたい。気になるクリニックがあれば、まずは無料カウンセリングで見積もりを出してもらうのが賢明ね。

-植毛

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.