~AGA クリニック検索サイト

ミノキシジル外用薬は発毛効果があるとして国内で認可されています。 ミノキシジル外用薬の効果はどのようなものでしょうか。  

ミノキシジル外用薬の使い方

ミノキシジル外用薬は、薄毛を回復させたいところに、直接塗ります。 前頭部だけ、頭頂部だけというように気になる部分に塗りましょう。 外用薬タイプのミノキシジルの中には、髪の毛につくと固まってしまうものもあります。そうなると、整髪する際に困りますね。 使用する際は、髪の毛につかないように注意しましょう。 ミノキシジル外用薬はドラッグストアやAGAクリニックで手に入ります。 個人輸入で購入する人もいますが、品質の悪いものが混じっている場合がありますので避けた方が無難です。   外用薬のミノキシジルは1日あたり2回の塗布が目安になります。 外用薬ですから、塗りムラが出来てしまう可能性もあります。 塗れない部分は効果が得られないため、塗布する際には十分注意しましょう。   濃度について ミノキシジルが配合されている育毛剤で市販されているのはリアップだけです。 リアップに配合されているミノキシジの濃度は5%と1%のものがあります。 濃度が濃い方が効果はありますが、その分副作用も起こりやすくなります。 大正製薬のHPによれば濃度5%のもので副作用の発言率は、8%ということです。 ミノキシジル外用薬の副作用には、皮膚の炎症やかゆみ、そして湿疹などがあります。   効果について ミノキシジルを利用したからと行ってすべての方の薄毛が改善するわけではありません。 大正製薬のデータによれば、6ヶ月使用した人の8割に改善が見られたと書かれています。 ある程度長く続けなければ、効果は出にくいというわけです。 しかし、長く続けても全く効果が出なかったという人もいます。 外用薬の発毛効果はそれほど強くありません。 ミノキシジルは浸透力が弱いので、皮膚の奥深いところまでたどり着けません。 血管や毛母細胞の近くまでミノキシジルが浸透しなければ、効果を発揮できないのです。 確実な発毛効果を実感したいのであればAGAクリニックに行きましょう。 ドラッグストアでは手に入られない「ミノキシジルタブレット」(内服薬)を処方してもらえます。飲み薬なら確実な効果が得られます。  
・ミノキシジル外用薬はドラッグストアかAGAクリニックで手に入る ・個人輸入のものは使用しない方が無難 ・ミノキシジル外用薬は、効果がない人もいる ・副作用があるので注意しよう ・AGAを治療したいのならばクリニックを受診しよう

-リアップ, 育毛剤

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.