~AGA クリニック検索サイト

育毛剤のチャップアップは現在最も通販で売れている育毛剤です。配合成分についても専門家(日本臨床医学発毛協会会長の松山淳氏)からお墨付きをもらっています。 今回はチャップアップの体験レポートを掲載します。私が実際に利用してどういったことを感じたのかをお話しますね。 強い臭いがしてしまうのか、それとも臭いは殆どないのか。 液体はサラッとしているのか、それともドロドロしているのか。 上記のようなことを知りたい方も多いのではありませんか。 育毛剤は長期的な利用が必要になってくるので、使用感というものが非常に大切になってくるのです。 チャップアップが気になっていた、という方は参考にしてくださいね。  

①香り

キャップを開けて液体の臭いを直接買いでみましたが、若干の漢方臭がします。 それほど嫌な匂いではありませんが、完全な無臭ではありませんでした。 臭いのイメージとしては、スースーしているような清涼感を感じさせるようなものです。鼻の通りが良くなりそうな臭い、とでも言いましょうか。  

②液体

ほぼ透明なのですが、若干黄色い感じです。 真っ黄色ではなく、ほんのすこし黄色くいなっているイメージですね。 白いティッシュに液体を塗布してみましたが、ほとんど色はつきません。仮に白い服にこぼしたとしても、目立つようなシミにはならないはずです。 ちなみにパッケージに入っている液体を見ると黄色いことがハッキリとわかります。  

③容器の付け口は?

ノズルスプレータイプです。 一応はスプレータイプなのですが、ピンポイントで塗布できるようにノズルがついているのです。 遠くから塗布できるというスプレーのメリットと、ピンポイントで塗布できるというノズルの両方のメリットを併せ持った容器の付け口となっています。 ちなみにノズルの部分はそれほど突出しているわけではありません。少し出っ張りがある程度です。キャップが大きくならないようにノズル部分は省略しているようです。  

④頭皮につけた感触は?

違和感は全くありません。 臭いに少し清涼感があったので、「スースーとするかな」といったことも思ったのですが、そのような感じも一切ありません。サラサラとしており粘つきも一切ないです。 塗布して放置していましたが、特にお肌に問題が起こるようなことはありませんでした。炎症もできませんでしたし、フケが増えてしまうようなこともありません。安全性に長けた育毛剤だと思います。 ちなみに液体の色はわずかに黄色いと述べましたが、頭皮につけても頭皮に色がついてしまうようなことはないので安心です。頭皮に育毛剤の跡がついてしまうと、育毛剤を使っているのがバレバレになってしまいますよね。そんな心配をしなくてもよいのがチャップアップです。  

⑤塗布のしやすさは?

育毛剤の中でも最高峰の塗布のしやすさ、と言っても良いかもしれません。 スプレータイプではありますがノズルがついているので、遠くからでも狙いたいところに直接塗布できるのです。 スプレータイプなのにピンポイント育毛ができます。 私はM字部分が特に薄くなっているのですが、チャップアップであればそのM字部分にしっかりと塗布できました。望んでいないおでこや眉毛まで育毛剤が塗布されることもありません。 ノズルタイプと違って容器の付け口を頭皮に直接つけるわけではないので、衛生面にも大きなメリットを感じます。  

⑥容器デザインは?

シンプルなデザインです。 目立たないのでデオドラントスプレーや髭剃りクリーム、アフターシェーブローションなどと置いておけばその中で紛れてしまうと思います。育毛剤と分かる外見をしていないのも嬉しいところですね。 ただし、チャップアップは育毛剤としては有名なので分かる方には分かってしまうかもしれません。そのあたりは通販で最も売れている育毛剤の宿命かもしれません。  

使用感まとめ

香りは少ししますが、塗布しても気になりません。すぐに臭いも飛んでしまうので、臭いで育毛剤の利用がバレてしまう恐れもないのです。育毛剤の液体はほんのすこし黄色いですが、サラサラとしており水のような感覚です。髪の毛にくっついてべたつく、というような心配もありません。 チャップアップを使用して特にすごいと思ったのが、塗布のしやすさです。出てくる量もちょうどいいので液ダレも発生しません。塗布したい場所にしっかりと塗布できる、ということにも好感が持てます。 育毛剤の中には塗布がしにくいものもあります。育毛したい部位に塗布できなければ効果が得られるはずもありません。塗布のしやすさという点では、チャップアップは他の育毛剤よりも数段勝っています。

-チャップアップ, 育毛剤, 育毛剤レビュー

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.