~AGA クリニック検索サイト

臨床試験によって発毛効果が証明されているミノキシジル。 育毛剤とは異なり、医学的にも髪の毛が生えてくることが認められているのです。 ただ、外用薬は国内で認可されていますが、今回のタブレット(内服薬)は認可されていません。 FDA(アメリカ食品医薬品局)では認可されている医薬品です。 ミノキシジルのタブレットを購入できるクリニックは、オズクリニック、イースト駅前クリニック、AGAヘアクリニック。 それぞれの価格を中心に見ていきましょう。  

ミノキシジルタブレットの価格比較

ミノキシジルタブレット価格比較 ミノキシジルタブレットの価格比較がこちら。 オズクリニックが最も安く5654円、次いでイースト駅前クリニックが8200円、AGAヘアクリニックが10800円となっています。 3社とも大きく価格が異なりますが、ミノキシジルの内服薬は国内認可薬ではありません。 よって、イースト駅前クリニックでは院内製剤と記載されています。 また、他AGAクリニックでは、ミノキシジルタブレットとしては販売していないものの、価格が異常に高いオリジナル治療薬という名の内服薬はほぼミノキシジルの成分が入っています。

ミノキシジルタブレットのジェネリックは価格が安いの?

ミノキシジル内服薬は国内未承認薬のためジェネリック薬品は存在しません。 ただ、ミノキシジルを主成分とするロテニンのジェネリック薬品は海外輸入の通販サイト(オオサカ堂)で購入することができます。 ただし、ミノキシジルは併用禁忌薬も多く非常にデリケートな薬品です。 万が一副作用等があった場合、自分で対処することはできないので必ずAGAクリニックを通して購入するようにしてください。  

外用薬のミノキシジルと内服薬のミノキシジルはどこが違うのか

 
・外用薬は塗った部分だけに効果がある  塗布は1日2回、ドラッグストアで購入可能 ・内服薬は全身作用する  服用は1日1回、AGAクリニックなどでの処方か個人輸入
 

外用薬のミノキシジルの特徴

薄毛を回復させたいところに、直接塗ります。 前頭部だけが薄毛の方は前頭部だけ塗るということも出来ますし、頭頂部だけ薄毛の方はつむじ周辺だけに塗布することで対応します。 外用薬なので、髪型に問題が出てきてしまう、といった事も考えられます。 外用薬タイプのミノキシジルの中には、髪の毛につくと固まってしまうものもあるのです。 髪の毛につかないように対処しなければならない、といった手間も考慮した上で利用するか判断する必要があります。 手に入る場所としては、ドラッグストアやAGAクリニック、そして個人輸入代行サービスがあります。 医薬成分が使われているのですが、リアップに関してはドラッグストアでの販売も認められています。 塗るタイプのミノキシジルに関しては、塗りムラが出来てしまう、といった可能性もあります。 しっかりと濡れているところと濡れていないところが出来てしまうケースが有り、その結果、効果が得られる部位と得られない部位が出てきてしまうこともあります。 ※外用薬のミノキシジルは1日あたり2回の塗布が目安になります。  

内服薬のミノキシジルの特徴

錠剤タイプやカプセルタイプとなっており、1日あたり1錠を服用することになります(1日あたり2回飲む、といった対処方法もあるが、基本は1日あたり1錠)。 内服薬のミノキシジルは、ドラッグストアでは購入できません。 手に入る場所としては、AGAクリニックと個人輸入代行サービスに限定されます。 >自分に合ったAGAクリニックを探すならこちら 飲むタイプのミノキシジルは、医薬成分が血液に入り込み体の全体に行き渡ります。    

外用薬(ロゲイン、ツゲイン、リアップ等)

濃度について

ミノキシジル系外用薬には、ロゲインやツゲイン、そしてリアップやポラリスなどがあります。 それらの種類にもよるのですが、配合されているミノキシジルの濃度に大きな違いがあります。 現状で手に入るタイプのミノキシジル系塗布剤の濃度ですが、「1%から16%」程度となっています。 リアップに関しては最高でも5%の濃度となっていますが、個人輸入代行サービスで手に入るポラリスなどは、その2倍や3倍以上のものもあるのです。
【濃度が高いミノキシジル系塗布薬の特徴】 ・効果が強く出る可能性あり ・副作用が強く出る可能性あり
濃度が高いということは、ミノキシジル本来の機能である血管を拡張する、という機能が強いことは間違いありません。 しかし、副作用が出てしまう確率も高くなっているのです。 ミノキシジル系の塗布薬の副作用としては、皮膚の炎症やかゆみ、そして湿疹などがあります。 肌にトラブルが起きやすくなることもあるので注意しましょう。  

効果について

ミノキシジルを利用したからと行ってすべての方の薄毛が改善するわけではありません。 効果が得られない、という方もいるのです。 外用薬でもあるので、効果に関してはそれほど強くありません。 そもそも、ミノキシジルは浸透力が弱いのです。 皮膚の奥に入り込んで、より血管や毛母細胞の近くで効果を発揮するということができません。  

内服薬(ミノキシジルタブレット)

容量について

ミノキシジルタブレットには「2.5mg、5.0mg、10.0mg」の3タイプがあります。 容量が多くなると効果も強くなりますが、代わりに副作用が強く出ます。 とくに10.0ミリグラムのものは、そのまま利用してはなりません。 血圧が高い方に処方されるものなので、一般的な血圧の方が利用してしまうと血圧が下がりすぎてしまうといったリスクもあります。 薄毛の改善を狙ってミノキシジルタブレットを利用するのであれば、2.5ミリグラムの利用がおすすめです。 また、10.0ミリグラムを分割して飲むのもおすすめです。  

ミノキシジルタブレットの効果と副作用とは

効果について

ミノキシジルタブレットは発毛剤の中でも最強の効果を持っているとされています。それだけ体に与える影響が大きいのです。 ミノキシジルタブレットのメインの機能は血管を拡張させることです。 血管が拡張することによって、血液のめぐりが良くなります。毛母細胞に栄養が送られやすい状態になり、髪の毛の生成がしやすくなります。 細い毛しか生えなくなってしまったとしても、栄養が送られて毛母細胞が活性化すれば、太い髪の毛が生えてくる、といった事も十分に考えられるわけです。 飲むことになるので、有効成分が血管の中に入りこみいやすい、といった特徴も見逃せません。 要は、内服というのは直接血管に与えやすい服用方法でもあるのです。  

副作用について

<ミノキシジルタブレットの主な副作用>
  • 低血圧
  • 不整脈
  • 動悸
  • 息切れ
  • 多毛症
  血管を拡張させる作用があるので、副作用のメインは血圧に関するものになります。 ミノキシジルタブレットを飲んで低血圧、不整脈、動悸、息切れなどがある場合は、血圧が下がりすぎてしまっている可能性が高いです。 上記のような症状が出た場合にはすぐに服用をストップしましょう。 ミノキシジルタブレットの副作用が心配な人は、プロペシアがオススメ。 プロペシアは、AGAクリニックで処方されます。 >プロペシアを最安値で手に入れたいならこちらへ  

多毛症

髪の毛だけではなく体毛が全体的に濃くなる副作用もあります。 栄養が全身に送られるようになることで、胸毛、すね毛、指の毛なども濃くなるわけです。  

まとめ

内服薬のミノキシジルと外用薬のミノキシジルには大きな違いがあります。 注意してほしいのが容量の表記の違いです。 外用薬は「%」で記載され、内服薬は「mg(ミリグラム)」で記載されています。 どちらも数字が大きくなるほど有効成分が多く含まれています。 しかし、数字が大きいと副作用も強く現れますので注意してくださいね。  

-ミノキシジル, 内服薬

Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.