~AGA クリニック検索サイト

薄毛にお悩みの男性の中には、かつらの着用を考えている方がいるかもしれません。 かつらにはメリットとデメリットがあるので、購入前にこれらのポイントを理解しておきましょう。 かつらのメリットとデメリットについて解説いたします。  

かつらのメリットとは

かつらの大きなメリットといえるのが 着用後すぐに薄毛を隠せること! どれだけ進行した薄毛であっても、かつらを着用すればその瞬間から薄毛が分からなくなります。 他の方法では代替できないので、今すぐ薄毛を隠したい方にとってうれしいメリットといえるでしょう。  

かつらのデメリットとは

すぐに薄毛を隠せる点はメリットですが、かつらがフィットするとは限りません。 自分に合うかつらを選ばないと、薄毛は隠せるものの不自然になることがあります。このようにかつらにはデメリットもあります。 かつらの着用を検討している方は、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。かつらの主なデメリットは次の通りです。  

初期費用とメンテナンス費用が高い

  • 初期費用が20~30万(高いものだと100万以上)
  • 維持費は月2~5万
  • 数年で買い替えが必要
  • 20年だと総額1500万以上
  • 自分にフィットするかつらを見つけることは意外に難しいといわれています。 多くの方が、数種類のかつらを着用後、自分に合うかつらにたどり着くようです。かつらが安価ならばよいのですが、自然な仕上がりのものは高価です。 ひとつ20万円~30万円程度が相場で、高価なものになると100万円以上かかります。 また、かつらが自然に見える状態を維持するには、毎月のメンテナンスも必要です。 減った髪の毛の補充、留め具の交換、ヘアカットなどが欠かせません。メンテナンス内容により費用は異なりますが、毎月2万円~5万円程度かかることが多いようです。 さらに、かつらの寿命はそれほど長くありません。良い状態を維持するには数年程度で買い替えが必要になります。 かつらはかなりお金がかかる薄毛のカバー方法といえるでしょう。 20年間で総額1500万円以上かかることがあります。もっと安く薄毛治療から解放される方法はこちら  

    毎月のメンテナンスが面倒

    自然な印象を維持するため、ヘアカットをはじめとしたメンテナンスが必要です。 かつらのヘアカットは、専門的な技術が必要なため近所の理美容室ではできません。 かつら専用のヘアカットの店舗が近所にないと通うのも面倒ですね。しかし、長期間カットしないでいると自然な印象を維持できません。 かつらの着用を検討してる方は、毎月のメンテナンスについても理解しておいた方が良いでしょう。  

    ハゲが進行してしまう

    手軽に薄毛を隠せるかつらですが、薄毛にはよい影響を与えないと考えられています。 かつらを着用すると、頭皮に摩擦などの刺激が加わります。 また、長時間外せないと頭皮が蒸れて雑菌やカビなどが繁殖しやすくなります。 頭皮に大きな負担をかけるので、かつらの着用を続けると薄毛の進行が早くなる恐れがあります。 手軽に薄毛を隠せても、薄毛の進行や頭皮の健康には良い影響を与えません。  

    始める時期が難しい

    始める時期が難しい点も、かつらのデメリット。 着用すると、いきなり髪の毛が増えるので周囲の人にかつらであることがバレてしまいます。 転勤や転居のタイミングでかつらを作っても、昔の知り合いに再会したらバレてしまいますね。 このようにかつらは、着用するタイミグが非常に難しいのです。  

    かつらよりも植毛がおススメの理由とは

    ・メンテナンスが簡単 ・基本的には1度で済む ・総額はかつらより割安
    かつらは毎朝のセットが必要です。しっかりセットしたはずがズレてしまい周囲にバレること もあります。 かつらを実際に利用するとデメリットの多さにがっかりする人もいます。 このような経験をした方の一人が、元競輪選手の中野浩一さん。 かつて中野浩一さんは、かつらの煩わしさに悩まされていたそうです。 そこで利用したのが、脱毛症の影響を受けにくい部分の髪の毛を薄毛部分に移植する自毛植毛。 自毛植毛後の中野浩一さんは、かつらのメンテナンスから解放されただけでなく、伸びてくる自分の髪の毛をスタイリングする余裕を手に入れたそうです。 自毛植毛はまとまった費用が必要な治療ですが、移植した自毛は基本的に生涯にわたり髪の毛を作り続けます。 そのため、総額で考えるとかつらより割安になることがあります。 かつらの利用を検討している方は、自毛植毛も候補に加えてみると良いでしょう。 >もっと自毛植毛について知りたい方はこちら  

    かつらよりもaga治療がおススメの理由とは

    ・毎月の費用は1万円程度から ・薬によって脱毛を防ぎ発毛を促す ・かつらよりも自然
    まとまった費用を用意することが難しい方はAGA治療も候補に加えるとよいかもしれません。 AGA治療では、薬を服用することで脱毛を防ぎ毛母細胞を刺激して発毛を促します。 医学的に根拠のある治療のため一定の効果が期待できます。なお、効果が現れるのは治療を始めてから半年後程度です。 自毛がゆっくり生えてくるので、かつらのように不自然に髪の毛が増えることはありません。 費用は利用するクリニックにより異なりますが、毎月1万円程度であることが多いようです。 かつらより割安なので、AGA治療も検討してみてはいかがでしょうか。 AGAクリニックについて詳しく知りたい方はこちら  

    まとめ

    かつらには、着用するだけで薄毛をカバーできるメリットと、費用が高額、薄毛が進行しやすくなるなどのデメリットがあります。 着用を検討している方は、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。 デメリットが気になる方は、脱毛の影響を受けにくい部分の自毛を薄毛部分に移植する自毛植毛やお薬で薄毛を改善するAGA治療を検討してみるとよいかもしれません。 どちらも医学的に根拠のある治療なので、薄毛を効果的に改善できることが多いようです。自分の目的に合った改善方法を選びましょう。

    -かつら

    Copyright© 薄毛対策ハゲイズム , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.